会員登録のご案内

広島かきドットコムへの会員登録

ごあいさつ

こんにちは。広島かきドットコムです。

広島の特産品である新鮮、採れたてのカキを全国の皆様に【格安】でお届けいたします。プリプリの冬の味覚、カキを是非ご堪能下さい。お気軽にお問い合わせ・ご注文下さい。

どうぞ宜しくお願いします。

携帯ページ


HOME»  レシピ»  カキフライ

カキフライ


カキフライの材料

カキ お好みの量
小麦粉 適量
卵 数個
パン粉 適量
こしょう 少々


☆☆☆カキフライの作り方・手順☆☆☆

カキフライの作り方


  1. カキはボールに入れ、薄い塩水を加えて、力を加えないようにゆっくりかき回しながら洗います。
  2. カキをザルに上げて水気を切り、ひとつずつ手に取って、ふきんやキッチンペーパーなどで水気を完全にふき取ります。さらにふきんかキッチンペーパーを敷いたバットにカキを並べてゆきます。
  3. この時点で、揚げ油、揚げ衣用の小麦粉、溶き卵、パン粉をそれぞれボールなどに入れ、準備しておきましょう。また、揚げたてを食べることを想定して、この段階でお皿や、レモンのくし切りなどを準備しておくと段取り抜群です。タルタルソースを添える予定のときも同様です。牡蠣から水分が出ないよう、この先の作業は手早く、一気に行います。まず、カキにこしょうを軽くふります。
  4. カキに小麦粉をまぶします。そのまま溶き卵をつけてください。
  5. パン粉をつけます。カキを軽く握るようにして、形を整えます。
  6. 180℃に熱した油でカキを揚げます。カキを揚げ鍋に入れたら40秒ほどそのままにし、下になっている側においしそうな揚げ色がついたらひっくり返し、さらに20秒程度揚げて引き上げます。目安はカキが浮いてきた時でOKです。おいしそうな揚げ色がついている側を上にして供します。ノーマルにウスターソースで。とんかつソースで。レモン汁などを絞って食べるのも良し。タルタルソースをつけるとさらに濃厚な感じになります。

広島かきドットコムのワンポイントアドバイス
  • パン粉は自家製のものだとよりおいしく作れます。作り方は、スライスして2日ほど乾かしたパンの耳を取り、適当にちぎったあと、ミキサーなどに数秒間かけるだけです。ミキサーはやりすぎると粉末のようになってしまうので注意してください。



生牡蠣むき身 生牡蠣殻付き むき身&殻付きセット